会社設立支援

クリニック開業支援

相続・贈与のご相談

関東10拠点

埼玉で、税理士をお探しですか?

このページでは、埼玉で良い税理士に出会う方法や、埼玉の会社設立事情、
さらには私達、税理士法人TOTALのさいたま本部のことをご紹介します。

埼玉で税理士を探す方法をご紹介!

設立の手続き、設立後の帳簿付けや給料計算、毎月の利益の確認や税金の支払いなど、会社を経営していくと、本業のほかに様々なことを行う必要がでてきます。そのため、できれば信頼できる税理士に会社を見てもらいたいところです。しかし、最初はどのように税理士を探せば良いか分からないという人も多いでしょう。ここでは、税理士を埼玉で探す方法についてご紹介します。

知り合いの紹介、口コミで埼玉の税理士を見つけよう

税理士を見つける方法で、昔からよく使われている方法のひとつが、知り合いからの紹介や口コミ。税理士と顧問契約をしていたり、個人的な付き合いがあったりする人から、税理士を紹介してもらいます。知り合いからの紹介や口コミの良い点は、その税理士の人柄や知識、経験の豊かさ、事務所の雰囲気などをあらかじめ知ることができる点です。税理士選びで大事なことは、これから長く付き合っていくなかで信頼がおけるかということと、自分に合うかということです。知り合いなら、その税理士について突っ込んだところまで話を聞くことができるので、アンマッチを防げる可能性が高いでしょう。もし税理士と顧問契約をしている知り合いがいたら、話を聞いてみることをおすすめします。

インターネット検索で埼玉の税理士を見つけよう

Yahoo!やGoogleなど、インターネットの検索エンジンを使う方法もあります。インターネットの検索エンジンで「埼玉税理士」と検索すると、埼玉に事務所を構える税理士のホームページがたくさん出てきます。ホームページには、税理士所長や職員、事務所の雰囲気が分かる写真が多く掲載されています。また、記帳指導や決算、税務調査対策などの業務内容とその値段、顧問先の数や税務調査立ち合いの件数といった実績を公表している場合もあり、税理士を選ぶ際の参考になります。インターネットの検索で顧問契約する税理士の絞り込みができたら実際に会い、長く付き合えそうな税理士かどうか確かめておきましょう。人間の相性は情報からだけでは判断することはできません。

街中の広告を見て埼玉の税理士を探すこともできる

埼玉で駅やビルなど街を歩いていると、税理士の広告を目にしたことがあるという人も多いのではないでしょうか。実は、街中の広告を見て税理士を探すという方法もあります。広告では、その税理士やその事務所の強みを前面に打ち出していることが多いです。会社設立の手続きや節税、相続など、今自分が困っていることと広告に記載されていることが一致したら、困りごとを解決してくれる税理士である可能性が高いでしょう。あとは、インターネットで検索する場合と同様、実際に事務所を訪ねて税理士や事務所の職員の人柄や、事務所の雰囲気をチェックします。税理士と会う前にホームページを確認して、あらかじめ情報を確認しておくのも良いですね。

税理士の人柄や、事務所の実績などをもとに見極めましょう。その点に注意すれば、今回ご紹介した3つの方法、どの方法でも自分に合った税理士を見つけることは可能です。ぜひ、良きビジネスパートナーとなってくれる税理士を見つけてくださいね。

埼玉で良い税理士を見極める方法。相談するなら良い税理士に!

会社の設立を考えたり、その後の帳簿付けや税金のことを考えたりすると、すぐに相談できる税理士は会社や経営者にとって必要不可欠な存在です。しかし、「良い税理士」と「ダメな税理士」がいるのも事実です。では、どんな税理士が良い税理士で、どんな税理士がダメな税理士でしょうか。ここでは、良い税理士とダメな税理士の見分け方をご紹介します。

ダメな税理士ってどんな税理士?

経営者にとって、ダメな税理士とはどのような税理士を指すのでしょうか。一言でいうと、長く付き合うことができない税理士です。まずはマナー面。世の中が変わってきてだいぶ少なくなりましたが、税理士のなかには先生といわれることに慣れてしまって、上から目線で物を言う人がまだいます。こんな税理士とは、長く付き合えないのではないでしょうか。また、税理士は良い人でも事務所職員の教育ができておらず、こまめな連絡がとれなかったり、最低限のマナーができていなかったりする事務所もあります。次は資質面です。税法は政府の政策や世の中の動向で毎年のように変わります。そのため、税理士も常に勉強し続ける必要があります。しかし、すべての税理士が勉強し続けているかというと、そうではありません。例えば、消費税導入前に税理士になった人で、消費税がわからないという税理士も結構います。また、昔ながらの帳簿付けと決算だけを行い、会社の現状や今後の提案などをしない税理士も、これからの会社の成長のことを考えるとダメな税理士と言えるでしょう。

良い税理士ってどんな税理士?

経営者にとって、良い税理士とは長く付き合うことができる税理士のことです。マナー面では、例え経験豊かな税理士でも腰の低い税理士であれば自然と相談もしやすく、長く付き合うことができます。また、日々の困りごとに対してレスポンスが早いなど、職員の教育ができているところは良い事務所といえるでしょう。資質面でいうと、まずは勉強していること。税制など、色々な制度が変わったりしてもすぐに対応をして、解決してくれる税理士は勉強しているといえるでしょう。また、会社を成長させるには、できるだけ早く自社の財務状況や経営成績を知ることが必要です。そのため、会社の毎月の利益や資金繰りの説明、今後の経営改善の提案などをしてくれることも良い税理士の判断のひとつでしょう。

経営者にとって良い税理士かダメな税理士かは、これから会社を成長させていくために、長く付き合うことができるかどうかで決まります。最初からその税理士が良い税理士か、ダメな税理士かを判断することは難しいかもしれません。数か月経って自分に合わないのではないかと感じたら、できるだけ早く税理士を変えるのも手のひとつでしょう。

埼玉で良い税理士に出会うには、会社設立から頼むのが近道!

個人事業主から法人の会社を設立しようと考えたとき、気になるのが税理士をどうするかということです。会社を設立すれば、日々の帳簿付けやその指導、決算申告などを税理士に頼むのが一般的。できれば自分に合った良い税理士を見つけたいところです。そのためには、会社設立から税理士に頼むのもひとつの方法です。ここでは、会社設立と良い税理士の関係についてご紹介します。

埼玉で会社の設立~設立の流れと税理士の関係~

一般的な株式会社の会社設立の流れは、「定款の作成→定款の認証→資本金の用意→設立登記→設立届の提出」となります。ここで会社設立には税理士のほかに、司法書士などの力を借りる必要があります。良い税理士には業務提携をしている司法書士がいます。その場合は改めて司法書士を探す必要はありません。まずは会社名や事業目的、事業年度など会社の重要な決まり事を定めた「定款」を作成し、公証人役場で認証を受けます。認証されることで、定款が公的に認められたものになります。定款の作成や公証人役場への提出はおもに司法書士が行います。定款の認証後、会社設立者、つまり社長は資本金を用意する必要があります。社長個人の通帳に資本金を用意し、証明のため通帳のコピーを取っておいてください。資本金の用意ができれば、次は法務局への設立登記です。登記のために必要な書類の作成はおもに司法書士などが行います。設立登記の申請を出してから完了するまで、法務局の込み具合にもよりますが通常1週間程度。設立登記が完了すると、公的に会社が設立されたことになります。その後、税理士が設立届を税務署や市、県に提出し、会社設立にかかわる手続きは完了です。

会社の設立で分かる良い税理士の見分け方

実は、会社の設立手続きを通してその税理士が良い税理士かどうかわかります。

・説明が丁寧か 上で見た通り、会社設立にはさまざまな過程があります。ひとつひとつのステップについて、説明が丁寧かどうか、話してみて相性が合うかが、その税理士が良い税理士かを見極める判断基準になります。

・設立手続き以外のこともきちんと説明があるか 会社設立は、設立手続きだけを行ったら良いというものではありません。決算期をいつにしたほうが良いのか、開業後の資金繰りはどうしたら良いのか、使える国や自治体の補助金にどのようなものがあるのか、消費税などの税金の対策はどうしたらいいのかなど、さまざまなアドバイスをしてくれるかどうかで、良い税理士かどうかが判断できます。もし良い税理士なら、会社設立の手続きを通してあなたの会社のことを理解してくれているので、顧問契約後のやり取りもスムーズです。

会社の設立にはさまざまな手続きがあり、ひとりですべてを行うのは困難です。そのため、一般的には税理士などに手続きを依頼します。会社設立の手続きを通して、説明が丁寧で、設立手続以外の資金繰りや補助金のことまで提案してくれる税理士なら、良い税理士と言えます。依頼した税理士が良い税理士なら、会社設立の手続きをするなかで会社のことを理解してくれているはず。顧問契約を結ぶことをおすすめします。

埼玉の税理士法人TOTAL!みんなに選ばれる理由とは

ここ数年、新たに設立する法人の数は増加傾向にあり、それは埼玉でも同じです。そんななか、埼玉で税理士といえば今、多くの支持を得ているのが税理士法人TOTAL。そこにはみんなに選ばれるだけの理由があります。ここでは、埼玉の税理士で税理士法人TOTALが選ばれている理由についてご紹介します。

埼玉の税理士法人TOTALなら、他業種との連携も万全

日々の法人の活動のなかで困りごとがあれば、誰に相談するでしょうか。とりあえず顧問税理士に相談するという経営者が多いのではないでしょうか。実は法人として活動をするなかで、役員の変更や会社の住所を変更したときの登記や建設業をはじめとする許可申請など、司法書士や行政書士といった税理士以外の士業が行う仕事も多く発生します。 本業を行いながらその都度、司法書士や行政書士を探したり、打ち合わせしたりするのはとても労力が必要になります。税理士法人TOTALであれば、司法書士や行政書士といった税理士以外の士業との連携も万全。司法書士や行政書士を探したり、打ち合わせしたりする手間が省け、本業に注力することが可能です。ここが、税理士法人TOTALが選ばれている理由のひとつです。

埼玉の税理士法人TOTALは、経験数が違う

上記では、法人の活動のなかで、税理士以外の士業が必要となる仕事も多く発生することをご紹介しました。もちろん、税理士に依頼すべき業務に関しても、日々多くの困り事が発生します。例えば、どういったときにどの書類をどの役所へ出すべきか、年配の経営者なら後継者にどう事業を継承していくのか、税金対策で有利に働く法律や特例などはないのか…。法人にはその法人ごとに特有の問題が多く存在しています。そういった実務は、実は税理士になるための試験勉強だけで得ることはできません。そうした問題を解決する力は、税理士なってから多くのことを経験するなかで身につくのです。逆に言うと、自分の経験したことしかわからない税理士も多くいます。 税理士法人TOTALなら、数多くの経験がノウハウとして蓄積されているので、どのような問題が起こっても解決することができます。ここも税理士法人TOTALが選ばれている理由のひとつです。

埼玉の税理士法人TOTALなら、相続も安心

税理士がすべての税金の分野に詳しいかというと、実はそうではありません。税理士や税理士事務所の多くは、法人税や所得税などを強みとする傾向にあります。特に、法人の顧問先からの顧問料を主な収入としている税理士や税理士事務所の場合、法人税や所得税以外のことにあまり詳しくないと考えられます。 近年、相続税が注目を集めています。税法の改正で、より多くの人が相続税を納める必要がでてきたからです。特に会社の経営者となると、なおさらです。これからは相続税の知識は税理士にとって必要不可欠なものになってきますが、実際は相続税に弱い税理士もたくさんいます。税理士法人TOTALなら、様々な分野に強い税理士が集まっているので、そのような心配をする必要はありません。

税理士法人TOTALは、他の士業との連携が万全であること、今までに様々な問題解決に当たってきた経験が豊富であること、相続など法人税や所得税以外の税金にも詳しいことなどから、埼玉で多くの法人から信頼を得ています。もし埼玉で税理士をお探しなら一度、税理士法人TOTALに相談してみてはいかがでしょうか。

TOTALさいたま本部 スタッフ紹介

さいたま本部スタッフ 木村あゆ美

さいたま本部をひとことで言うと?

風通しの良い本部です。本部長や先輩との距離が近いので、細かい事項の確認から難しい税制関係の相談までしっかりできていると思います。私も後輩から頼ってもらえるよう、日々知識と経験を積み重ねています。

どういった業務をしていますか?

普段の税務担当の業務に加え、新料金プラン開発・業務効率化に向けた社内のプロジェクトチームに参加しています。 新料金プランの開発では、freeeやMFクラウド会計など、新しいクラウド型会計ソフトを駆使して、お客様にとって【より便利でリーズナブルなサービス】を提供できるようにマニュアル作成などを進めています。 業務効率化では、新しいシステムやデバイスの導入を行い、TOTALグループ全体が働きやすくなる仕組み作りをしています。 変化の激しい社会のなかで【TOTALグループ】としてレベルアップし、お客様をしっかりサポートし続けたいと思います。

さいたま本部スタッフ 榎本真也

さいたま本部をひとことで言うと?

古いしきたりに縛られることなく、新しいことを取り入れて成長している本部です。 お客様へより良いサービスを提供するためには、自身の成長こそが大切だと考えております。 また、司法書士、行政書士、社労士との連携により、さまざまなサービスを【トータルに】提供することが可能だということが特徴でしょうか。

税務のなかでいちばん好きな業務は?

税務申告書類の作成等の業務をしておりますが、そんななかでもいちばん魅力を感じるのは、様々な業種の経営者の方のお話を聴けることです。 多種多様な思いを抱いて会社を設立した経営者の方々に、税務や節税のアドバイスをすることだけではなく、 「お客様が今なにを必要としているか?」「なにが不安なのか?」と常に考えながら、お役に立てるよう努力しております。

どんな税理士になりたいですか?

常にお客様の目線で物事を考え、改善のアドバイスは複数のアプローチをお伝えできるような、経営のパートナーとしてお客様を全力でサポートする税理士になりたいです。

さいたま本部スタッフ 石井毅

さいたま本部をひとことで言うと?

税理士の笹本本部長をはじめ、会計事務所での豊富な経験を有する先輩が在籍していることに加え、先輩も上司もそれぞれ明るく社交的な性格の方ばかりなのでコミュニケーションが活発な環境です。気兼ねなく質問や相談ができるため、お客様の疑問に対して迅速に正確に回答することができます。

どういった業務をしていますか?

基本的な会計ソフトへの入力や、資産シミュレーションなどの業務をしています。一人ひとりの仕事が複合的な知識を必要とするものなので、多岐に渡った実務を学ぶことができています。また、業務が終わったあとや昼休みには税理士試験の試験勉強をしています。税理士試験の勉強で身につく知識は業務に直結しているので、実践的な力も日々レベルアップしているのを感じています!

埼玉で会社設立をしたお客様の声

税理士法人TOTALではこれまで埼玉で数多くの会社を設立してきました。お客様から実際に頂いたアンケートの一部をご紹介します。

  • 葛西工業

    株式会社葛西工業

    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    税務、会計は未知の世界でしたので、何をすれば良いのかわからなかった
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    公的書類、税務、会計全般を教えて頂きたいと思いました
    TOTALを選んだ理由
    ホームページの内容を拝見し、担当の方とお話させて頂いた時にお願いしようと思いました。
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    非常に丁寧に説明してくださり、理解できるまで時間をとってくださいました。
    TOTALへのご要望
    これからも税務、会計全般のサポートをお願い致します。
  • シーエージャパン

    シーエージャパン合同会社

    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    初めての起業なので必要な手続きをモレなく効率よく進めるための時間確保に不安がありました。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    小さな質問にもレスポンスよく返答してくれるサービスが必要でした。
    TOTALを選んだ理由①価格
    サービス内容、 初回の無料相談の際の印象。長い付き合いになるので第一印象は大切だと考えています。
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    こちらの立場で考えていただき、効率はよかったです。
    TOTALへのご要望
    必要書類の指示やタイミング等が的確でスムーズに登記完了できました。ありがとうございました。

もっと見る

  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    会社が順調に設立できるかどうかは心配でした。設立後の手続きも不安でした。どこに聞けばよいかも分からないので、不安がたくさんです。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    設立時に必要な資料説明、設立後が決算関係の説明、自分でやらなきゃならないことがどういう手続きをやればよいかについて教えて頂ければと思いました。
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    とても良かったです。いろいろ親切に教えて頂きました。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    設立に向けての段取りに不安がありました。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    行動指示、スピード対応を希望していました。
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、実績、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    行動指示、スピード対応、説明、とてもよくして頂けました。
    TOTALへのご要望
    ありがとうございました。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    まずは法人設立…用意するものは??と右も左もわからず状態でした。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    定カン作成…設立後の届出、税務等々
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、その他(価格、サービス内容も第一段階で魅力でしたが、面談頂いた時の応対で決めました。)
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    申し訳ない位に親切で…ますます安心しました。
    TOTALへのご要望
    関係業務でご紹介先があればTOTALさんをおすすめしますね
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    書類の作成や申請の仕方が分からない
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    細やかな質問にも相談にのってくれる
    TOTALを選んだ理由
    価格、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    とても親切で質問しやすかった
    TOTALへのご要望
    迅速に対応して頂きありがとうございました。御社にお願いしてよかったです。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    個人事業でやっていたので不安はありませんでした。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    会社設立まで
    TOTALを選んだ理由
    インターネットで
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    ものすごく感じが良かったです。
    TOTALへのご要望
    社会保険の手続きもお願いしようと思います。杉本様ありがとうございました。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    特にありませんでした。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    手間が掛からない事
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    丁寧で親切で対応が早く良かったです。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    実際に法人に出来るのかが不安でした。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    不安だらけでしたので、全てにサポートを希望
    TOTALを選んだ理由
    価格、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    とても良い
    TOTALへのご要望
    このままのサポートを要望します。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    販路開拓への不安が一番です
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    希望日(6月1日)に設立する事です。
    TOTALを選んだ理由
    価格
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    大変親切にして頂きましてありがとうございます。
    TOTALへのご要望
    今の所、特にはございません。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    会社の設立方法及び設立後の税務などの会計面
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    創業時の融資関係のサポート
    TOTALを選んだ理由
    サービス内容
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    丁寧で、こちらの疑問点にも何度でも答えていただけました。
    TOTALへのご要望
    サポートの方は、まだこれからなのでわかりませんが、設立完了まではとても良い印象です。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    事業収支が成り立つかどうか
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    会社設立については全く分からないので全てをサポートしてもらいたい
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、実績、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    いいえ
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    親切な対応でした。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    資金繰り
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    融資、節税
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容
    設立時の不安は解消されましたか?
    いいえ
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    大変良かったです
    TOTALへのご要望
    スピーディーで良かったです。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    当面の資金調達
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    軌道に乗るまでの資金、労務、税務のフォロー
    TOTALを選んだ理由
    サービス内容
    設立時の不安は解消されましたか?
    いいえ
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    親身になって相談してもらいました
    TOTALへのご要望
    トータル的なサポートをお願いしたい
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    収支、安定性、(登記)
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    登記
    TOTALを選んだ理由
    サービス内容、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    良好
    TOTALへのご要望
    お世話になりました。今後も必要に応じ、よろしくお願い申し上げます。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    関税法の詳細説明が必要。不安。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    必要書類の見本などがあると分かりやすい
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    非常に丁寧でした。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    運営方法について
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    設立と運営、会計
    TOTALを選んだ理由
    価格、サービス内容、実績
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    満足してます
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    法人を設立するのにどの程度のコストをスケジュールが必要か分からなかった
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    行政等への各種手続
    TOTALを選んだ理由
    価格、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    非常に親切に対応して頂きました。
    TOTALへのご要望
    会社設立をスムーズに対応して頂きありがとうございました。今後も会計対応をお願いします。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    わからないことだらけでとても不安だったけど、ていねいに説明してもらえました。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    知らないことだらけだったけど、よく教えてもらってよかったです。
    TOTALを選んだ理由
    ネットでみた
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    電話は説明もていねいで、対応も早かったので安心でした。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    一番は借入が不安でした。その為にどう会社を設立すればよいかなやみました。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    設立して事業をスタートさせるために、必要なことを逆算してとりかかることを教えていただきたい。
    TOTALを選んだ理由
    信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    杉本先生はとても対応が素晴らしく、レスポンスも早くたすかりました。
    TOTALへのご要望
    とても満足してます。引き続きよろしくお願いします。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    個人事業主から法人化。収入面で減ってしまうのではないかということ。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    税務や経営に関する不安があるのでそのあたりのサービスをお願いしたい。
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    価格、サービス内容、実績、信頼感・安心感
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    こちらは全く知識がないにも関わらず、とても親身にお話をしていただき、丁寧、迅速に対応して頂きました。
  • お客様
    事業を始める時にどんな不安がありましたか?
    設立時に必要な書類をどれだけ揃えればいいのか不安であった。
    設立にあたり、どのようなサポート(サービス)をご希望でしたか?
    全く初のことばかり、細かいことへ一つ一つのサポートを願っていた
    TOTALを選んだ理由
    サービス内容、実績、信頼感・安心感
    設立時の不安は解消されましたか?
    はい
    担当者(電話・面接)の対応はどうでしたか?
    非常に良かった。是非、又、担当希望しています。
    TOTALへのご要望
    特にありません。

本部長ご挨拶

チームプレーで経営者の皆様に貢献したい

私が税理士という仕事を選んだ理由は、将来自分で何か商売をしたい、税理士になればどの商売がよいかわかるのではないか、そんな気持ちからでした。そういう意味では経営者の方に近い気持ちを持っていたのかもしれません。
そうして仕事についてみると、バブルがはじけ日本経済が長期低迷に入った時期と重なり、商売の難しさを身にしみて感じるようになりました。自分で商売をするよりも税理士として経営者の商売に貢献することを選ぶようになりました。
税理士として独立開業することも考えました。しかし、税理士一人の能力には限界があります。税務においても、法人税、消費税、相続税、資産税などさまざまな分野があります。また、たとえば診療所を経営するドクターを例にとりますと、納税の問題、法人化の検討、人事労務の課題、後継者への相続etc.とさまざまな分野のお悩みを抱えていらっしゃいます。これらの課題に対して、それぞれの得意分野をもった専門化がチームとして対応することで、初めてお客様のご期待に応えることが可能となります。そのために、私はチームの一員として、経営者のみなまさに貢献する道を選びました。

TOTALの選ばれるサービス

インターネットの普及により、お客様が簡単にあらゆる商品、サービスを比較検討し、選ぶことができる時代になりました。税理士事務所の世界も比較検討し選ばれる、競争の時代です。
税理士法人TOTALでは、税理士、司法書士、行政書士、公認会計士といった各分野の専門サービスを総合的に提供できる体制を整え、標準化により高い品質を確保し、競争力をもった価格を明示しています。おかげさまで、TOTALの会社設立、相続・事業承継、医療福祉事業の支援などの各サービスは、たくさんの方々に選んで頂いております。

地域の起業家、経営者の方々に貢献したい

平成26年12月24日、税理士法人TOTAL 8箇所目の拠点として「さいたま本部」が大宮駅東口から3分の所にオープンしました。埼玉県内では初の出店となります。私自身、幼少期からずっと埼玉県内で暮らしてきたこともあり、さいたま本部から大宮、浦和、与野をはじめ周辺地域の皆様にTOTALのサービスをお届けし、地域に貢献できることを楽しみにしています。

お客様のお近くで、必要なサービスをリーズナブルな価格で提供する。あなたと共に歩み、あなたと共に成長したい。埼玉でも税理士法人TOTALを、どうぞよろしくお願い致します。

さいたま本部長 
税理士・医業経営コンサルタント 笹本 和伸


昭和39年 8月 東京オリンピックの年生まれ
昭和58年 埼玉県立熊谷高等学校卒業
昭和59年 税理士試験の受験勉強を始める
昭和62年 会計事務所勤務
平成11年 税理士登録
平成26年 延べ26年の会計事務所経験を経て、税理士法人TOTALに入社
平成26年 2月 税理士法人TOTAL 所沢・東村山本部長
平成26年 12月 税理士法人TOTAL さいたま本部長

「会社設立のプロ」笹本税理士が語る「失敗する会社設立」①

 失敗というより惜しいなと思うのは、もっと早くご相談いただければ……というケースです。ネットを探せば【会社設立の仕方】【会計処理の方法】【初回保険の加入の方法】など多くの情報を得ることができます。ネットに慣れている方ほど、検索してわかることはご自身で調べようと思いがちですね。それ自体、決して悪いことではありません。私自身も人に聞く前に自分で調べられることは出来るだけ調べるようにしています。

しかしながら会社設立においては、その後の節税や無駄な社会保険を支払わないようにするために【まず設立登記においてこのようにしておきましょう】ということがあります。たとえば、専業主婦の奥様に経理を手伝っていただくなら奥様を役員にすべきかどうか? 本店の家賃設定を考えると本店所在地はここにすべきではないか? などです。また、設立後の融資を考えている場合、役員構成と出資比率はこうして資本金はこのくらい準備したほうが良いです、といったこともあります。

TOTALでは会社設立を設立登記から税務・会計、社会保険の手続きまで文字通りトータルでサポートできることを売りにしていますので、会社設立前にご相談いただくことが多いです。それでも10人におひとり程度「ご自身で設立登記までは行いました」であるとか「設立後に会計処理もやってみましたが途中でわからなくなって放置していました」という方がご相談にいらっしゃいます。その場合、あとから変更登記が必要になって余計な費用がかかったり、期限を過ぎてしまったために節税の機会を逃したり、場合によっては収めるべき税金や社会保険を納めていないので、後からお支払い、なおかつペナルティまでかかるなど、残念な結果になることも少なくありません。 私どもTOTALでは年間200件以上の会社設立を行っており、各本部間で情報共有しています。それにより【こんな場合は事前にこうしておくべき】ということが標準化され共有されています。

会社設立をしようと思われたら、まず登記前にご相談ください。お客様の事業プラン、設立前の事業経験の有無、ご予算等をお聞きして、どのような会社を設立して、スムーズにスタートアップするためにはどのように進めるべきか、一緒に考えていきましょう。

「会社設立のプロ」笹本税理士が語る「失敗する会社設立」②

どのようなお客様にどのような商品(サービス)をどのように提供して収益をあげるか? 事業プランをどうするか? これは会社設立をする上でとても大切です。会社設立の手順や法人設立のメリットなどをよく勉強していても、肝心の事業プランがない場合、会社設立しても失敗する可能性が高いと言わざるを得ません。

企業は自社の強み、メリットをお客様に認めていただいて初めて収益を得ることができます。そうは言っても、実績が無くこれから起業する方にはいくら考えても結論が出ない難しい問題かもしれません。また起業したあとも常に考え続けなければならない大切なことでもあります。 ですが、まず起業したら、サービスをお届けするターゲット、導線、そしてもちろんサービスのイメージができていないと、まず何もすべきかも、どのような人・物が必要でそれにどれだけの費用がかかるのかということもわかりません。

まずはじめてみる、という気持ちは大切です。ベンチャーの場合、まず動いてみて、違うと思ったらどんどん変えていく、これが成功の秘訣と言ってもいいでしょう。しかし、あまりにもノープランで「まず会社設立してそれから何をするかを考えます」というのでは、良いスタートを切れるとは思えません。そのような場合は、まずは事業プランをよく考えてみてください、また事業プランはあっても収益性が低い、または実現可能性が低い場合には、まずは個人事業として行い、目途がたったら会社設立しましょうとお勧めすることもあります。

やりたい事業を見付けたら、お客様目線に立ち「どうしたら喜ばれるだろう?」「自分だったらどういう会社だったら選ぶだろうか?」というところから考えてみるのはいかがでしょうか?そこからいろいろアイデアが出てきたら、あとは取捨選択して自分の事業計画にしていけば良いのです。

一度やりたいことが決まり「これならいける」「自分だったら絶対買う!」となったらしめたものです。「もっとこうしたら喜ばれる」「こうしたらもっと効率的にできる」と考えていくのは楽しいことです。それこそ起業される方の特権ですね。

「会社設立のプロ」笹本税理士が語る「成功する会社設立」①

飲食店や運送業など、初期の設備投資が必要な事業で成功するために、まずは融資を受けることが必要なケースがあります。さいたま本部では、設立時に日本政策金融公庫や埼玉県に支店のある地銀や信用金庫をご紹介することが多く、各金融機関様とも懇意にさせていただいております。 融資成功の条件は以下の3つです

① 自己資金……自己資金0では融資は難しいです。融資を受けられる額は通常の場合、自己資金の2~4倍が目安となります。日本政策金融公庫の創業融資では【最大自己資金の10倍まで可能】となっていますが、10倍の融資は極めて稀だと公庫の担当者からもお聞きしています。

② 事業計画……会社設立直後の融資申込の場合、会社の実績というのは無いに等しいでしょう。今後どのような事業を行って、どれ位稼げるのか、それによって融資額の返済は問題ないのか、そのためにはどのような投資、運転資金が必要か、そしてその必要額はいくらなのか、といった事業計画が重要になります。

③ 創業者の経歴……会社としての実績は無いに等しいわけですから、創業者の実績を見られることになります。今回行った事業を計画通りに遂行するのに必要な実績はあるのか? 過去に借入、返済について事故は無かったか? などの審査を受けることになります。

金融機関に融資を申し込むことは、事業計画を立てる上でも良いきっかけになります。金融機関の信頼を得て融資を実行されたお客様は、しっかりした事業計画があると金融機関から評価をされたとも言えますから、成功の確率は高いはずです。

設備投資が必要な事業では、同時に人を雇用することも多く、一定の固定費がかかるケースが多いです。思うように売上があがらないと、固定費水準が高いだけに赤字を積み上げることになるリスクもあります。そうならないためには「どのように売り上げをあげるか」「それをいかに計画どおりに遂行していくか」という経営の手腕が求められます。

リスクがあると書くとお勧めできないのかと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそうではありません。リスクを取ってこそ大きなリターンが望めるのは投資の基本でもあります。しっかりした事業計画を立てたら、あとはしっかりスタートを切って、利益を出していく体制に早く持っていくことを考えて経営をしていただければ良いのです。

「会社設立のプロ」笹本税理士が語る「成功する会社設立」②

建設業、インターネットビジネスなど既に個人事業で所得が多く、節税のために会社設立される方がいらっしゃいます。こういった方は利益を上げるための事業は出来上がっていますので、成功の確率は高いです。 ただ、注意していただきたいのが、節税は事前の対策が大半だということです。

会社設立の登記をする際の役員構成、資本構成、本店所在地、などから節税の種まきをしておく必要があります。TOTALでは、個人事業からの法人成りも多く経験しており、勘所を掴んでいますので、まずはご相談ください。 また【個人事業から法人設立して法人に事業を引き継ぐ】という場合、どこまでを個人事業の収入として、どこからを法人の収入とするか、その場合の収入と費用の対応は? また個人事業で所得した固定資産、棚卸資産の引き継ぎはどうするか? など会計・税務の論点もあります。ここの整合性が取れていないと、後々、税務調査で苦労することになりますので注意が必要です。

また、個人事業で実績はなくても、企業のなかで今まで行ってきた事業と同種の事業をTOTALでお手伝いさせていただいて起業なさる方にも成功される方は多いです。やはり同種の事業の経験があることは、起業される法人についても大きな強みになります。他社との差別化をする際の勘所も掴みやすいでしょう。融資においても同種の事業の経験は評価される傾向があります。 ただし大企業や有名企業で実績を上げられてきた方は少々注意が必要かもしれません。大企業や有名企業の名刺があったときには、その企業の信用が後ろ盾になっていたのかもしれません。ご自身が起業しても、今行おうとしている事業の商品(サービス)がお客様に選んでいただけるか、冷静に考える必要があります。

さいたま本部へのアクセス・道案内

税理士法人TOTAL さいたま本部

〒330-0845

さいたま市大宮区仲町2-23-2大宮仲町センタービル8階

TEL:048-606-9040 FAX:048-645-8028

JR「大宮駅」東口より徒歩3分
>詳しいご案内はこちらをごらんください

① JR大宮駅中央改札を出ます。 ② 東口(中央)の階段を降ります。 ③ 駅前ロータリーにそって4番バス停の横を通過し直進です。
④ 高島屋様の前を通過します。 ⑤ 高島屋様を通過したら交差点を渡ってから右折します。 ⑥ 右折したらSMBC様、SHIROTAパーキング様を通過します。
⑦ 三菱東京UFJ銀行様の先の
大宮仲町センタービル8Fです。
⑧ TOTALの看板が目印です。 ⑨ エレベーターで8Fまでお越しください。

税理士に相談して、埼玉で賢く会社設立を行おう

個人事業で利益が大きく出るようになったら、次に考えるのが法人にすることです。会社にすることには色々なメリットがありますが、その手続きは煩雑。独力ですることは困難です。そのため、会社設立をする際には税理士に相談しましょう。会社設立の手続きだけでなく、それ以外のことでもさまざまなアドバイスをもらえるので、賢く会社設立することができます。ここでは、会社設立のメリットや流れ、注意点などについて詳しく解説します。

会社設立のメリットを確認しよう

会社を設立すると多くのメリットがあります。ここでは、そのメリットのなかで代表的なものをご紹介します。

・信頼を得ることができる 個人事業主と会社ではどちらが信頼があるかというと、一般的には個人事業主より会社の方が信頼があります。信頼とは、取引先や銀行などの外部からの信頼のことです。会社を設立するためには、資本金を用意しなければなりません。会社を設立するということは、少なくとも資本金を調達する能力があることを外部の機関に示すことになります。個人事業主には資本金がないので、資金調達力を示す手立てはありません。そのため、個人事業主より会社の方が信頼が得られるのです。

・節税効果がある 個人事業主から会社を設立する大きなメリットのひとつに節税効果があります。節税効果としては、所得税より法人税が税率が低いことと、消費税の免除のふたつが挙げられます。所得税は累進課税といわれる課税方式で、利益が出るほど高い税率になります。いちばん高い税率なら、住民税と合わせて50%を越える税率です。ところが、法人なら法人税・法人地方税合わせておおよそ30%前後の税率で済みます。そのため、利益が大きくなるのであれば、個人事業主から法人にしたほうが良いといわれています。 また、資本金1,000万円未満で新しく会社を設立した場合、設立後2年間は消費税が免税されます。ただし、1年目の上半期の売上や給料の支払い額が1,000万円を超える場合、2年目に消費税を納付する必要があります。しかし、少なくとも1年間は消費税を支払う義務がないので、今まで消費税を支払っていた個人事業主は法人にしたほうが節税になります。そのほかにも、家族への給料や社会保険料が経費になるなど、法人にするとさまざまなメリットがあります。

会社設立の流れや必要なものを知ろう

上述したとおり、会社を設立することには大きなメリットがあります。では、会社設立の流れはどのようになっているのでしょうか。会社設立の流れや必要なものを見ていきましょう。

・定款作成 会社設立でいちばん最初にすることは、定款の作成です。定款とは、会社名や事業の目的、事業年度など会社の重要な決まり事を定めたもので、会社の基本となるものです。通常は、定款を作成する前に、すでにある他の会社と名前や住所などが同じでないかどうかの商号調査を行います。

・定款の認証 定款を作成すると、公証人役場で認証してもらいます。認証することで定款が公的に認められたものになります。認証には発起人の印鑑証明書や印紙が必要になります。インターネットを使った電子認証もあり、その場合は印紙は必要ではありません。

・資本金の用意 会社設立のためには資本金を用意する必要があります。社長個人の通帳に資本金を用意し、証明のため通帳をコピーします。資本金の額をいくらにするのかも重要になります。

・設立登記 定款の認証や資本金の用意ができたら、設立登記申請書など様々な書類を用意して、法務局で会社設立の登記をします。また、代表者の印鑑証明書や住民票なども用意する必要があります。法務局の混み具合にもよりますが、設立登記の申請から完了まで通常1週間程度かかります。設立登記が完了したら、会社の設立は完了です。設立届で必要になるため、設立登記が完了した登記簿謄本を取得します。

・設立届 設立登記が完了したら、税務署、市町村、県に登記簿謄本を添付した設立届を提出し、設立の手続きは終了です。

会社設立にはいろいろな注意点がある

ここまで会社設立のメリットとその流れを見てきました。しかし、会社設立にはいろいろな注意点があります。
まずは、お金のこと。設立の費用はおおよそ25万円程度かかるといわれています。そのほかに資本金が必要です。消費税の免税効果を考えて、1,000万円未満にすることも多いです。また、個人から法人になるときは問題ありませんが、一から法人を設立する場合は、設立後2~3か月の経費や生活費をまかなえる程度のお金を用意したほうが良いでしょう。設立までにかかる時間は最低2週間程度見ておく必要があります。
次に、法人は決算の時期を自由に決めることができますが、通常決算月の2か月後までに申告と納税をする必要があります。会社の支払いが多くなる月と税金の支払月が同じになると、資金がショートする危険性もあるので、決算月を決める際に気を付ける必要があります。ほかにも、会社設立のときには気を付けることが多くあります。信頼できる税理士に依頼することをおすすめします。 会社の設立には色々なメリットがあります。しかし、設立の手続きは煩雑であり、ひとりで行うことはできません。また、手続きだけでなく会社の設立には注意しなければならないことがたくさんあります。信頼できる税理士に依頼すれば、注意点をクリアしながらメリットを活かした法人設立を行うことができます。

税理士に相談する前に埼玉の会社設立事情を知っておこう

会社を設立するためには、どこに会社の所在地を置くのか、その地域にはどのような業種の仕事が多いのか、特徴はどうなっているのかなどを理解しておく必要があります。税理士に相談する前に地域の事情を知っておけば、相談もスムーズに進むでしょう。ここでは、埼玉で会社を設立しようと考えている方へ、埼玉の会社設立事情についてご紹介します。

国内でも埼玉県の法人設立は多い

まずは、埼玉県でいったいどれぐらいの法人が、新たに設立されているか見ていきましょう。平成28年に埼玉県で新たに設立された法人の数は、株式会社で4,345社、合同会社で1,225社、株式会社と合同会社を合計すると5,600社にも上ります。1ヵ月に平均466社も設立されていることになり、これは全国で東京都、大阪府、愛知県に次ぐ4番目の多さです。新しく設立された法人だけでなく、既存の法人も合わせた全体の法人数は39,239社。これは、東京都、大阪府、神奈川県、愛知県に次いで5番目に多い数字となっています。埼玉県は首都圏に位置し東京都に近いため、もともと商工業が盛んで会社数も多い県ですが、ここ数年の好景気に支えられて、より法人を設立しやすい環境にあるのは間違いありません。

埼玉県の法人で多い業種は卸売・小売業

次に、埼玉県ではどのような業種を営んでいる法人が多いかを見ていきましょう。平成28年3月に埼玉県総務部統計課が公表した「平成26年経済センサス-基礎調査結果報告(確報)」によると、業種別に埼玉の企業等の数を見た場合、約2割に当たる19.7%が「卸売業、小売業」でいちばん多く、以下「建設業」が13.4%、「製造業」が13.1%、「宿泊業、飲食サービス業」が11.2%、「生活関連サービス業、娯楽業」が10.0%、「不動産業、物品賃貸業」が8.3%、「医療、福祉」が7.6%と続いています。住民がよりよく生活していくために必要なお店やスーパー、レストランなどが多いため、「卸売業、小売業」や「宿泊業、飲食サービス業」、「生活関連サービス業、娯楽業」が多くなっていることが考えられます。これは商業地と住宅地が共存し、人口が多い埼玉県の現状を如実に表しているといえるでしょう。 また、平成24年に比べてもっとも企業等の数が増加した業種は「医療、福祉」で8.8%増、もっとも企業等の数が減少した業種は「製造業」で5.3%減となっています。 埼玉県の事業所を別の角度から確認していきましょう。埼玉県の事業所で個人経営と会社経営の割合はどちらが多いでしょうか。実はだいたい同じぐらいの割合です。平成26年では、個人経営47.6%、会社経営52.4%と会社経営の方が少し多いですが、おおよそ半々の数字となっています。しかし平成24年と比べると個人経営が4.3%減なのに対し、会社経営は1.8%増となっており、今後、会社経営の方が多くなっていく傾向にあると考えられます。 そんな埼玉県の法人の資本金の階級別割合も発表されています。いちばん多いのが「300万~500万円未満」で全体の41.1%、次いで「1,000万~3,000万円未満」が29.5%、「500万~1,000万円未満」が13.2%となっています。こちらも会社設立の際の参考にしてください。

埼玉のなかで法人設立が多いのは大宮

先ほど、埼玉県ではここ数年の好景気に支えられて、より法人を設立しやすい環境にあるということを述べました。では、埼玉県のなかで法人を設立しているのはどの場所でしょうか。
埼玉県のなかでは、特に大宮で法人設立する数が多くなってきています。そこにはいくつか理由があります。大宮の中心でもある大宮駅。大宮駅は全国でも有数に数えられるターミナル駅です。そのため人の乗り降りも多く、全国でも8番目の乗降者数というデータもあるぐらいです。平成27年には北陸新幹線の駅もできたこともあって駅前の開発が進み、大宮駅前は県内でも1,2を争う商業地域になっています。また周辺地域は住宅地も多くあるために人口も多く、消費力や購買力の高い地域でもあります。さらに大宮アルディージャのホームタウンや様々な観光スポットもあるので、多くの観光客も訪れます。
このように、埼玉のなかでも大宮は
①駅が大きく、駅前がひらけていること
②交通アクセスがよいこと
③地域住民の数が多く消費力、購買力が高いこと
④観光客が多く、消費が見込まれる
と、法人が設立しやすい立地になっているため、特に法人設立数が多くなっています。

会社を設立するためには、その所在地をどこに置くか、また、所在地を置こうとする場所にはどのような業種の仕事が多いのかなどを考慮する必要があります。埼玉県は国内でも法人設立の多い県です。また、東京に近く人口も多いので、そもそも消費力、購買力が高い地域でもあります。そのため「卸売業、小売業」を営む会社がもっとも多く、特に大宮での会社設立が増えてきています。そこには全国でも有数のターミナル駅があるなど、多くの要因があります。埼玉県で新たに法人を設立しようとお考えの方は、ぜひこの記事の内容を参考にしながら、税理士と設立準備について相談してみてはいかがでしょうか。

埼玉で税理士を選ぶなら、税務調査対策ができる税理士を選ぼう

法人を設立し、毎年税務申告していくなかで、税務調査が気になるという人は少なくないでしょう。しかも、多くの場合「税務調査についてあまりよくわからないが、なんとなく気になる、嫌だ」という漠然とした不安を抱いているのではないでしょうか。実は、税務調査のことをよく知り、きちんと対策すれば、税務調査は怖くありません。ここでは税務調査やその対策についてご紹介します。

よく聞く「税務調査」ってどんなもの?

日本の国は申告納税制度という制度を採用しています。この制度は、税金を納める人が自ら利益や税金の額を計算し、国に申告・納税する制度です。国は申告された数字が正しいかどうかわかりません。そこで数年に一度、税務調査を行って数字が正しいかどうか確認します。実際には、国税局や税務署から税務調査官が会社や事務所を訪問し、既に提出した申告書と、会社で保存している現金帳などの帳簿や領収書・請求書などの書類があっているかどうかを確認します。
税務調査の期間は通常2~3日間。国税局や税務署から「○月○日に調査に行きたい」という旨の電話がかかってきますが、税務調査はあくまで任意の調査なので日程の調整は可能です。仕事の忙しい時期や、出張の予定があれば日をずらすこともできます。ただし一般的に、拒否はできないと考えてください。正しく申告していれば、何も恐れる必要はありません。
正しくといっても、人間誰しも転記ミスなどを起こすことがあります。そんな場合も故意でない限りは、ミスをしなければ本来支払わなければならなかった税額と実際にミスして支払い済みの税額の差額に加え、遅く支払うことに対する延滞税が発生しますが、それ以上の罰則などを受けることはありません。

税務調査は対策できる?その方法を紹介

「正しく申告していれば、税務調査は何も恐れる必要はない」といっても、実際はどうしても不安なもの。しかし、実は税務調査は対策ができるのです。税務調査では2~3日間の調査期間で、3~5年間の帳簿や書類、レシートなどを確認していきます。レシートをすべてひとつひとつ確認していく時間はないので、金額の大きなところや皆が間違いやすいところを重点的に調査し、何もなければ細かいところを確認していきます。したがって、金額の大きなところや皆が間違いやすいところを正しくしておくことが、税務調査対策の第一歩です。具体的な対策として以下のようなものが挙げられます。

・金額の大きなところ 売上、仕入、外注費、給料は必ず確認すると思ってください。そのため計上漏れがないか、金額の間違いがないかを何度も確認します。

・間違いやすいところの例
【固定資産】
原則、ひとつあたり10万円以上のパソコンや机などの備品は経費にせず、固定資産にする必要があります。ただし、さまざまな特例などがあるので注意が必要です。

【修繕費】
建物などを修繕した場合は、状況により経費になる場合と固定資産になる場合があります。

【棚卸】
在庫を持っている仕事の場合は、決算日時点の在庫を棚卸し、数字を計上する必要があります。

【交際費】
原則、得意先と食事をしたり、お土産を渡したりした場合は交際費にする必要があります。

また、書面添付制度という制度があります。これは税理士が必要なことを具体的に記載してある書面(33条の2)を添付していれば、税務署が調査の前にまず税理士から意見を聴くという制度です。場合によっては、この意見聴取だけで調査なしということもあります。きちんとした税理士ならこの書面(33条の2)を添付しています。

埼玉の税理士法人TOTALなら、税務調査対策も万全

今まで見てきた通り、税務調査では確認するところがある程度決まっています。そのため、税務調査の対策がとても有効です。ただし、業種や会社の規模によって確認することに違いがあり、こうしたノウハウは税理士の経験則によるところが大きいのです。そのため、税務調査の立ち合いは経験の豊富な税理士に頼んだ方が良いでしょう。
TOTALは多くの業種の法人と顧問契約を結んでいます。経験豊富なスタッフも多くいるため、税務調査対策も万全なので安心です。税務調査の対策をするかどうかで結果が大きく異なるので、できれば、今すぐにでも始めることをおすすめします。埼玉で税理士を探しているなら、できるだけ早くTOTALに相談してみてください。きっと良いアドバイスが得られるでしょう。

法人を設立し、毎年税務申告していくなかで、やはり気になるのは税務調査です。悪いことをしていなくても、調査に入られるのは不安です。しかし、対策をきちんとしておけば安心して税務調査に臨むことができます。経験豊富で信頼できる税理士とともに、きちんと税務調査対策をしておきましょう。

埼玉で顧問税理士を探すなら、相続税の相談もできる税理士を

平成27年に相続税の大改正がありました。これまでは、一定額以上の財産がある場合にのみ相続税を納める必要がありましたが、改正によって今まで相続税を納める義務がなかった人でも相続税を納めなければならない可能性がでてきました。会社の経営者ともなればなおさらです。自分の経営している会社のことだけでなく、相続税のことも普段から考えておく必要があります。ここでは、相続税と税理士の関係についてご紹介します。

相続税は誰もが支払う可能性のある税金に

平成27年の相続税の大改正。そのなかでも大きいのが基礎控除の減額です。基礎控除とは、相続について誰しもが受けられる控除のこと。この基礎控除以下の相続財産であれば、相続税を納める必要がないというものです。その基礎控除が40%も減額されました。具体的には以下の通りです。

・平成26年以前
基礎控除5,000万円+1,000万円×法定相続人の数

・平成27年以降
基礎控除3,000万円+600万円×法定相続人の数

例えば、配偶者ひとりと子供ひとりだった場合、平成26年以前までは5,000万円+1,000万円×2人の相続財産7,000万円までは相続税がかかりませんでした。 しかし、平成27年以降は3,000万円+600万円×2人の4,200万円を超えると、相続税を納める必要がでてきます。4,200万円というと、経営している会社の株も財産になるので、会社の経営者の場合はその株と、マイホームと少しの現金、預金などを持っていればすぐに超えてしまう金額です。 つまり、これからの会社の経営者は、会社の経営や成長、利益や税金対策を考えるのはもちろんのこと、相続税の対策についても普段から考えておく必要がでてきました。会社で土地や建物を購入すれば、会社の成長を助けることになります。しかし、会社の財産が増えるので、相続税の対象となる財産の価値も上がります。このように、会社の経営と相続税はかなり密着しているのです。会社の経営もちろんのこと、相続税の対策までを経営者ひとりで行うことは不可能です。必ず信頼できる税理士と二人三脚で行いましょう。

相続税の申告をしたことのない税理士も

上記で、平成27年の相続税の大改正により、会社の経営者は会社の経営や成長のこと、利益や税金対策はもちろん、相続税の対策についても普段から考えておく必要があることを説明しました。 しかし、税理士のなかには相続税のことがわからない、今までに相続税の申告をしたことがないという人も少なくありません。税理士のなかには、決まった顧問先からの顧問料や決算料を収入の主としている人が多くいます。そういった税理士は、顧問先の社長が亡くなったなどの特別な事情がない限り、相続税の申告を行いません。数十年に1度、相続税の申告をすれば多いほうでしょう。相続税は株式の評価や不動産の評価など特別な計算を行うものも多くあり知識がないと正しい計算ができません。また特例を適用すれば大幅に財産の価値を下げられることができますが、その特例を使えるかどうかは、税理士の知識次第になります。 このように、知識や経験によって大きく相続税の金額が変わってくることがあります。また、計算方法などに間違いがあった場合、その影響を受ける金額も大きくなります。相続税の対策も会社の経営と密着しているところがあり、普段から行う必要があります。今、税理士を探している人は法人に強いだけでなく、相続税の知識もある税理士かどうかを確認してから顧問契約を結びましょう。

埼玉の税理士法人TOTALなら、相続対策や相談も安心

相続税の税額は、税理士の知識や経験の有無によって左右されます。株式や不動産の評価などの特別な計算や特例に関する知識がその税理士にあるか、またそれを実際に使うことができるかということが重要になってくるのです。TOTALの税理士には、多くの相続案件をこなしてきた知識や経験があるので、ひとりひとりの状況に合わせた相続税の計算、申告ができます。また、法人税の知識も豊富にあるので、会社の経営やその成長と相続税の対策をトータルでサポートすることが可能です。 さらに、相続税は税理士以外の士業の人の力も借りる必要があります。相続する権利がある人を確定させるために、戸籍をさかのぼって調べる必要があったり、亡くなった人から不動産を引き継いだ人に所有権を変更したりする手続きなど、税理士の申告業務以外の手続きも多く発生します。その点もTOTALなら、他の士業との連携もスムーズに行うことができるシステムを整えているので安心です。埼玉で税理士を探している人は、ぜひ一度、相続対策も安心して任せられるTOTALに相談してください。

平成27年に相続税の大改正があり、会社の経営者の多くに相続税がかかってくる可能性が高くなりました。そのため、これからは会社の経営や成長、利益や税金対策を考えるのはもちろんのこと、相続税の対策についても普段から考えておく必要があります。ぜひ、法人税にも相続税にも強く、信頼できる税理士とともに日々の対策をしてください。

AREA この他の地域の方もご相談頂けます。お気軽にお問い合わせください。

東京都 千代田区(秋葉原、神田、御茶ノ水、水道橋、飯田橋、有楽町、その他千代田区全地域)、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、葛飾区、江戸川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、中野区、杉並区、豊島区、北区、荒川区、板橋区、練馬区、足立区、八王子市、立川市、武蔵野市、三鷹市、府中市、昭島市、調布市、町田市、小金井市、小平市、日野市、東村山市、国分寺市、国立市、狛江市、東大和市、清瀬市、東久留米市、武蔵村山市、多摩市、西東京市
千葉県 千葉市、浦安市、市川市、船橋市、松戸市、野田市、習志野市、柏市、成田市、佐倉市、八千代市、鎌ヶ谷市、白井市、印西市、四街道市、流山市、我孫子市、市原市
埼玉県 さいたま市、川越市、熊谷市、川口市、所沢市、春日部市、挟山市、上尾市、草加市、越谷市、蕨市、戸田市、入間市、朝霞市、志木市、和光市、新座市、八潮市、富士見市、三郷市、吉川市、ふじみ野市
神奈川県 川崎市 川崎区・幸区・中原区・高津区・宮前区 横浜市 鶴見区・港北区・神奈川区、横浜市西区、港北区、港南区、戸塚区、中区、泉区、金沢区、栄区、鶴見区、青葉区、磯子区、瀬谷区、神奈川区、旭区、都筑区、緑区、南区、保土ヶ谷区、相模原市、相模原市中央区、緑区、南区、厚木市、大和市、海老名市、座間市
茨城県 取手市、守谷市、つくばみらい市