お金の借り方

 

税理士によってサービスも税金もだいぶ違います。
良い会計事務所を選ぶのは会社の成長にとって重要なことでしょう。
よくあるご質問を「税理士の選び方」にまとめてみました。
是非ご一読いただきあなたの税理士選びの参考にしていただければ幸いです。
(著:代表 高橋寿克)

目次

1. 税理士がしてくれることって?

1. 税務申告・税務相談

税理士のみに認められます。他の者(行政書士、社労士、会計センター等)が行なえば犯罪です。
税務署等にも 「ニセ税理士に注意」 と書かれています。

2. 節税対策・税務調査対応

税理士によってだいぶ考え方が違います。
「うちの税理士は、固過ぎるんだよね」、税務調査で「どちらの味方かわからない」とよくお聞きします。
※TOTALでは、きちんとした節税と貴社の立場に立った税務調査対応を行います。
ただし、悪質な脱税は、中長期的には会社のためにならないのでお断りしています。

3. 経理指導又は記帳代行

経理指導:指導範囲は
①ファイリングや領収書整理
②コンピューターの入力
③伝票の書き方など

記帳代行:決算書・試算表等税務申告のもととなる資料を作成するサービスです。

※TOTALでは、経理の合理化を徹底的に行っています。
会計ソフト(弥生会計)の指導(簡単です)または、記帳代行サービスを行っています。

2. 大きい事務所と小さい事務所、どちらがいいの?

大きい事務所

メリット

①経営相談も期待できる。
②高度なサービスが受けられる
③複雑な事案にも対応できる。
④スタッフの質が高いことが多い。

デメリット

①税理士は毎月来れない。
②担当によってサービスが違うことも。
③顧問料が一般的に高い。

小さい事務所

メリット

①税理士が毎月来る場合もある(誰が来るのか要確認)。
②顧客が少ない分、当初は丁寧かも。

デメリット

①税理士は留守が多く、急な相談に対応できない。
②税理士が、まだ経営者ではないので経営の相談ができにくい。

3. 税理士ってどんな人?

1. 税理士試験に合格した人

5科目合格が必要な実務家登用試験です。

2. 大学院修士終了で税理士試験を免除された人

大学院を終了すれば試験に5科目合格しなくても税理士になれます。
(最近、濫用が問題となり、制度改正され一部制限されました)

3. 税務署に長年勤務して税理士試験を免除された人

実務経験を生かすための制度です。最近は、若くして独立する方は減ってきました。

4. 公認会計士

「税理士と公認会計士はどう違うの?」という質問をよくお受けします。
公認会計士は上場企業等の監査(財務諸表の記載が正しいかどうかチェックをすること)が本来の業務です。
無試験で税理士登録することが出来ます。このため、独立した個人会計士は実際には税理士業務を行うことになります。業務に違いはほとんどありません。

あえて、一般論で言うなら、
① 試験に合格した税理士は中小企業の節税、税務調査対策が得意
② 公認会計士は大きな会社の内部統制・管理が得意 です。ただし、事務所によって差がありますので個別にご確認ください。

※ TOTALの代表税理士は「1」です。スタッフにもできるだけ税理士試験の受験をすすめています。

4. 税理士報酬とは?

税理士の報酬は、基準がありません。 事務所によってバラバラです。
高い方が良いサービスで安い方が悪いサービスとは一概に言えません。あえて一般論としていうなら

若手はベテランより安い

若手は、仕事が少ないため安く契約していることがあります。 ただし、最近ではベテランでも新規顧客獲得のため価格競争を挑む方が増えてきました。 また、ネットを売りにする若手の場合、最初から高い価格の方も多いように思います。

極端に安い事務所はサービスを落としている

人件費が占める比率が高い業界ですので、合理化には限界があります。
サービスの量や質を落とすこともやむをえないでしょう。

当初の数年間は特別に安い料金にしていることがある

会社設立当初は会社に資金余力がないことが多いのに、税理士がやることはたくさんあります。ただ、顧問契約は解除されることが少なく、長い期間になることが多いので赤字覚悟の価格で受けることがあります。この場合、数年後から顧問料を増額します。

※当事務所は、より良いサービスを平均より2割安いリーズナブルな価格で提供しています。価格表をご覧ください。 あなたが求めるサービスをリーズナブルな価格で選びましょう。

5 .税理士選びの注意点

税理士の経歴、スタッフについて個人的には、以下の点に注意されることをお勧めします。

税理士の経歴

税理士は実務経験が2年以上要求されます。会計事務所でなく一般企業の経理でも認められます。 ご自分の仕事に置き換えていただけるとおわかりいただけると思いますが、3~5年くらいは専門家になるのにかかるでしょう。きちんとした中小企業の税務申告のためには実務経験が 会計事務所勤務(監査法人以外に限る)と、独立後の期間の合計で5年以上あることが望ましいと思います。

※当事務所は、代表は5年半の会計事務所勤務の後、独立しました。

スタッフの質と教育

あまり知られていませんが、中堅以上の会計事務所では普段お客様に訪問するのは代表税理士ではなく、 スタッフです。また、今は小さな事務所でもあなたが選ぶような税理士ならすぐにスタッフが訪問するようになるでしょう。このためスタッフの質と教育が重要になります。ホームページや話を聞いてスタッフについて確認をしてみてください。

※当事務所は、スタッフの平均年齢が35歳くらい、若くて熱心なスタッフに恵まれました。
スタッフの資格保有状況や採用実績校についてはこちらをご覧ください。

6 .税理士法人TOTALについて教えてください

1~5をお読みいただき、ありがとうございます。ここで、皆様にご質問です。

あなたはどちらですか?
1.新しい会社なので税金や経理だけではなく、色々と相談にのってほしい。
2.安い方が良い。税金の計算だけやってくれれば良い。
じっくり考えてみてください。

税理士法人TOTALは・・・・

きちんと節税 税務調査もお任せください。
経理は簡単 簡単マニュアルで、IT等を活用。事務は徹底的に合理化します。
きちんと訪問 毎月(年4、5回コースあり)です。
会計を
経営
に活用
会計は中小企業経営の羅針盤(稲盛和夫)
お客様の
7割が黒字
絶好調の会社も3割くらいあります。
私たちと一緒にがんばってみませんか。

最後に、会計事務所の役割についてまとめてみました。

1. 会計事務所は税務・会計のエキスパートです。

① 税務

当事務所は法人税については、日本でもトップクラスではないかと過信?しています。
合法的な節税はありえます。 節税はきちんと行ないましょう。 ただし、悪質な脱税相談はご遠慮頂きたいと思います。

② 会計

会計の目的は3つです。
・税務申告
・会社関係者(銀行、取引先、従業員等)への協力要請
・経営者自らが会社の方針を決めるための情報提供
当事務所が指導すれば経理は簡単です。 IT等を活用して経理は徹底的に合理化できます。

2. 経営コンサルティング(経営改革支援)

・給料はどれくらい払うべきか?
・設備投資の時期は?
・より有利な融資を受けるには?

財務を通じた助言や、銀行の紹介等、人脈の活用が出来ればと思います。 最終的には経営分析や予算管理にまでその水準を高め、 経営改革を支援したいですね。 設立当初の会社の支援や、新たに顧問になった会社の経営の建て直しは事例も多く、最も得意とするところです。 直近では法人クライアントの7割が黒字です。この比率を9割に上げることが我々の課題です。

3. 周辺知識を利用したよろず相談所

顧問先にとって、税理士は税金屋ではなくよろず相談所です。
当事務所は市内第一号のCFP兼務の会計事務所です。
司法試験、司法書士試験の勉強を通じて得た周辺知識の活用や、専門スタッフの養成を行っています。 もちろん、他の士業とのネットワークづくりは欠かせません。弁護士、司法書士、不動産鑑定士、弁理士…。
ワンストップサービスを提供できる総合経済事務所を目指しています。
会社は結局のところ経営者次第です。判断することはたくさんあります。
最終決断は常に自分でしなければなりません。
経営者は孤独です。時として相談相手が必要です。
TOTALはあなたの隣にいる経営コンサルタントを目指しています。

あなた(の会社)と共に成長したいですね。