お金の借り方

 

目次

1. 事業計画

大きな目標と、1年後の自分がはっきりわかることが必要です。
たとえば、10年後に県内で業界トップクラスになるという目標だとしたら1年後はどれくらいの数字を残さなくてはならないか。売上は?利益は?取引先の数は?そのためには今何をしなければならないか。
具体的な数字や行動がイメージ出来なくてはなりません。

2. 資金借入等

立ち上げ当初は公的な融資を利用すると有利なものが多いですね。
雇用創出、経営革新支援を通じた補助金、融資も考えられます。
ただ、長い企業活動を考えると銀行との付き合いは必須です。
企業の体力にあわせて銀行と付き合っていくのが賢明でしょう。
当事務所では、銀行に対する企業の紹介も行っています。

3. 経理・会計

本業だから言うわけではありませんが、コンピュータソフトがあるからと、税務まで内製する人がいますが、どれだけ無駄に時間を消費しているか。
我々税理士ですら、会計・税制の変化についていくのはかなりきついものが あるのです。
付加価値が高い本業にこそ精を出すべきではないでしょうか。
そのためには、誰に負けないというコアな部分は必要です。
ビジネスで勝つには、トップクラスでは足りません。トップでなくてはならないのです。

4. 成功とは?

成功とは何か・・・ これは人によって様々でしょう。
金銭的な一定の成功はもちろん重要です。 ただ、それだけが目的ではないはずです。
多くの人にとって、金銭的な成功は、幸せのための手段に過ぎないはずです。
自分にとって本当の幸せ、成功とは何かをもう一度考えてみましょう。

あなたの現在置かれる状況は、それほど問題ではない。
人生の出来事は、みな鏡に映った自分の考えなのだ。
あなたは、まだ、人生は外的な条件によって色々なことが、
決まるのだという幻想のほうが受け入れやすいかもしれない。
だが、実は人生で起こることはすべて自分の態度によって決まる。
だから、もし、人生を変えたければ、まず自分自身の考えから変えなくてはいけない。
精神力を信じれるものだけが大きな仕事を成し遂げるのだ。
成功者はまわりの状況に縛られる事無く、まるで、奇跡でも起こすかのように 自分の所に富を集める。
偉大な成功者にとっては、その人を取り巻く状況など、たいした問題ではないのだ。
困難な条件もより強い精神力を生み出すバネにすぎない。
成功者は、皆成功を固く信じている。
だからこそ彼らは成功するのだ。

成功の掟―若きミリオネア物語 マーク・フィッシャー